FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨシ野を歩く

鵜殿

今日は高槻市のヨシの群生琳鵜殿に行きました。

この大学に参加しようと思ったのは、今年の2月に「ヨシ焼き」にシニア大学のボランティアが参加していたことです。

 小山弘道先生の長年のヨシに対する研究と環境整備をはなされました。

話は眠かったです。

 ヨシは一年管理しなかったら元の木阿弥です。

毎年の活動の成果がこれだと思います。群生琳の上手の堤防でその姿がわかります。

  「ヨシ焼き」をやった地域とやってない地域 はっきりとわかります。

しまった、最後の写真がありません。 どなたか写真を下さい。

 甲子園の18倍 管理が大変です。 日常的なボランティアを募集しています。

活動日は 火曜日・金曜日です イベントには参加者があるが、日常のボランティアはかぎられる。



こんなに高くなります。  その利用方法は すだれです。



邦楽で必要な材料だそうです。 特の「鵜殿のヨシ」は良質であるとのこと



ヨシの群生林に宿る【野鳥】 これも大事です。


ヨシの群生琳  鳥のさえずりが多く、うるさいぐらいでした。
万博と違うのはこの点と、カラスがいないことです。

延々と続きます 甲子園の18倍 広いです。

人工的に作った用水路

大分大きくなっています。
最終地点 先日死体遺棄事件のあったと所です。
向こうに見えるのが淀川管理事務所

講義の後 いつものパターンです。

岡田さん みんな待っていますよ! 早く元気になってください。

そこで1曲 ヨシ笛で 顔は怖いが、ここでの活動8年目黒川さんの演奏
http://yamada-keitei.com/udono/udono_hozen.htmlCIEJwR4EkVrrVDWP-jpoI?feat=embedwebsite">
ヨシが使われるのは邦楽の篳篥(篳篥)の「ろぜつ」に使われます。特に鵜殿のろぜつは優秀とのことです。
「ろぜつ」わかりますが、筒でなく、右側の口で吹く部分がろぜつです。

「鵜殿ヨシ原研究所」
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/new/syoko/html/travel_spot/0326.html
http://yamada-keitei.com/udono/udono_hozen.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

点と点おやじ

Author:点と点おやじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。